IoT展示会に出展して感じた可能性

色々なご縁がつながり、IoT事業に取り組むことになりました。一緒に取り組んでいるIoTモバイル株式会社さまが東京ビッグサイトで開催してるJapan IT Week、IoT展会場にブースを出展。中部地区の協力会社の代表として、IoTプランナーという肩書をもらって来場者さまへの機器説明などをサポートしてきました。

IoT/M2M展示会

今後の可能性にゾクゾクする一週間。これからのIoT事業の最初の足がかりができたと実感しています。どんな新規事業でもそうですが、最初の一歩目を踏み出すことが大切。そんな貴重な一歩をすすめたことができたと嬉しくおもいます。

いまアクシスでとりくんでいる中核事業はICT(Information and Communication Technology)を使ったソリューション提供ビジネスです。このICTとは、また違った切り口で地域で頑張る中小企業さまの事業成果に貢献できるところに大きな可能性と楽しさを感じています。

・IoTでコスト削減や効率化
・ICTで事業拡大やビジョン探索

展示場所の風景 これからの方向性として、まず最初は販売のしやすいパッケージ型になっているIoT機器セットをピンポイントで介護や配送といった業界に販売。そして次のステップとして弊社の強みである上位システムの開発力を武器にしてカスタマイズ型のIoTソリューションを提供していく、そんな未来を想像しています。

ICT,IoTといったインターネットの力を最大限につかって、素晴らしい商品やサービスを提供しているローカルの企業さまの活動に貢献していく。そんな志を仲間と大切にしながら、もっと最新の技術をどんどん取り入れていきたいなと改めて思いました。

IoTプランナーとして活動している姿 

 


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *