よい商品は勝手に売れるなんて幻想。拡販の努力を!

今日は少し口が悪いかもです。ごめんなさい。でも改めて思いました。

よい商品を作れば自然と広がるっていうのは幻想だなぁって。
私のまわりでも、本当に素晴らしい商品やサービスなのに埋もれている商品、消えていったサービスは多々あります。
これって、経営者の怠慢です。

素晴らしい商品を作るのは、企業が社会貢献するにあたって必要条件のひとつでしかありません。
社会に広める努力をして、はじめて必要十分条件になるのです。

世の中に伝えるためのマーケティングを真剣にやっていない。
マーケティングの重要性を軽く考えているばかりに、素晴らしい商品とその商品を必要としている人が巡り合えない。
とんでもない機会損失だと思います。

もちろん、著名なインフルエンサーの友達がいるとか、ご自身がメディアにでるような影響力をもっている。
そんな商品拡販のキッカケとなる、起爆装置をもっている、作ってきた方はいいでしょう。

しかしそうでないのならば、積極的に情報発信をして、その素晴らしい商品の存在を全力で社会に伝えてください。
やるべきことは、多々あります。

・自社のブログにてサービス開発秘話を書く
・ソーシャルメディアで自社商品を紹介する
・YouTube上で商品開発の想いをあつく語る
・ウェブ広告にしっかりと投資をする
 (広告費を原価計算に組み込む)

とある年配経営者の努力

お話しをきき感動したことを思い出します。
少し年配のその経営者は、自社商品を少しでも多くの方に伝えるため、Instagramを開始。

商圏にいるであろう地域ハッシュタグを使っている人、ライバル会社をフォローしている人などに、片っ端から話しかけたそうです。

Twitterで他者の投稿に”いいね”が切れるまで押しまくるとか、Instagramで毎日1時間は”いいね”押しに使うとか、そんな泥臭い努力を重ねているとのことです。

自社商品を売るために、人に絡むのは動機が不純?
ソーシャルで急に絡まれたらみんな迷惑じゃないか?

色々な意見はあると思います。
けれど僕は、素直に凄い努力だなぁと尊敬しています。
もしかしたら、もっと他によいやり方はあるかもしれない。
けれど正解は、そういう泥臭い行動の先でしか見つからないんじゃないかなと思うのです。

改めて書きます。

いい商品を作れば自然と広がるっていうのは幻想です。
そして素晴らしいサービスを持っているのに広げる努力をしないのは、そのサービスを本当に必要としている人に対する裏切りです。

商品の魅力を社会に発信することを軽くとらえず、真剣に向き合ってほしいと思っています。

そしてそんな経営者の方を、我々マーケターは本気でサポートします。

平岡に相談しようと思ってくださった方へ

私のマーケティングに対する考えを以下の記事で記載しています。
こちらの共感できる方(価値観が近い方)と、ぜひご一緒できれば嬉しいです。

ご相談の窓口はこちら



    プライバシーポリシーをお読みいただき、同意の上送信してください。