サービス内容

私は、いままで多種多様な業種のコンサルティングをしてきたことにより多くの視点を持つことができたと考えています。そこで自分自身で考える、平岡謙一の使い方、私がもっとも力を発揮し提供できるサービスは何かということをお伝えできればと思います。

自分ではインターネット活用の全部を見る、交通整理員をイメージしています。しかしただ現状の交通整理をその場だけを見てするのではありません。道路の設計上の問題分析にはじまり信号機の感覚の再設計、時間帯ごとの分析による車利用時間の分散提案、車のIOTによる渋滞情報の活用、渋滞しないための最適な車間距離なんかもする交通整理人です。必要であればその場にたって車の誘導だってします。

この世界には、各分野のプロがたくさんいます。例えばPPC広告の運用がとてつもなく上手な人、SEOの知識が半端じゃなく凄い人(で実際に上位表示率が高い)人もいます。またGoogle Analyticsの機能を熟知しているプロの解析士、ABテストを何度も回す統計学に基づいたデザイナーなどなど。しかし昨今の複雑化したインターネットの媒体や種類、多様化するユーザー行動を考えたとき、必ずしも特定の分野の専門家があなたのインターネット集客・活用上の問題を解決できるとは限りません。

もしもあなたがPPC広告の運用を誰に頼んでもうまくいかなかった場合、それは近視眼的に陥っている可能性があり、一歩引いてみる時かもしれません。

わかりやすい例で言うとLP(ランディングページ)の成約率の問題、もしくはLTV(Life Time Value)を意識した2ステップ戦略の導入、ウェブからのお問い合わせ獲得後の送付する資料の最適化。そしてPPC広告で発見した重要キーワードから逆算してのSEO最適化など。はたまたTV・雑誌などのオフライン媒体を絡める、口コミサイトを作る、アフィリエイトを始めるなど。本当にやるべきことやれることは多々あり、インターネットの特定の分野だけをみて解決する時代ではなくなってきています。

まるで歯が痛くてなんども歯医者に行っても治らないけど、脳外科行ったら神経に問題だったとか、肩こりからくる、強く噛む癖だったとか。体全体を見て問題点とその対応策を構築することができる、誰よりも幅広い視点からアドバイスできる人材が必要です。歯医者でもなければ脳外科医でもなければ整体師でもありませんが、原因不明の症状を体全体(症状、食生活、趣味などの情報等)から探し出すプロ。

そういった形で、ビジネス解析、その後に続くウェブ解析を通して、あなたのインターネット活用上の問題点と伸びしろを必ず見つけます。その上で対応、私では手に負えない専門領域に改善の余地が大きければ、豊富な人脈から、その道のプロを紹介します。