ホームページで獲得できる3つの効果

この記事の対象読者:ホームページをこれから作る方、リニューアル予定の方
この記事は、およそ7分で読めます。

あなたは、どのような目的で、もしくは何を期待して、ホームページを保有しているのか、少し思い返した上で続きを読み進めていただきたい。まだホームページを持っていなければ、どのような目的で新規に作成しようと思っているのか考えてみて欲しい。仮にあなたが企業内のウェブ担当者であれば、あなたの会社はどのような目的でホームページを保有しているのか把握しているだろうか。

自社のホームページを作成した経緯や理由が分からない、保有している目的が思い出せない。そのような状態であれば、あなたはまだホームページを保有することによるメリットを充分に引き出せていないかもしれない。これから新規にホームページを作成する、もしくは現在保有するモノをリニューアルするのであれば、ホームページを保有することのメリットを充分に引き出すためにも、改めてどのような目的で新規作成orリニューアルするのか考える必要がある。

『なんのためにホームページを作ったのか?』そんな質問をすると、以下のような回答をいただくことがある。

  • ライバル企業が作っており乗り遅れたくなかったから
  • セミナーや勉強会でホームページの重要性を聞いたから
  • 上司からの依頼であり、目的はいまいちわかっていない・・

ホームページを作成した経緯や目的がはっきりしていない状態では、成果につながるホームページを作ることは難しい。ホームページを持つ目的や、ホームページに期待する結果が明確化されていない状態では、ページに訪れて欲しい閲覧対象者が曖昧となる。そして閲覧対象者であるホームページへの訪問ユーザのペルソナ像が曖昧なままでは、どのような目的があって、どのようなユーザに向けてコンテンツ(ホームページの中身)を作成するのかも定まらない。これでは、サイト訪問ユーザの心に響くモノにはならず、結果が出ない可能性が高い。

このようにホームページを作成するにあたり、もっとも重要な最初の決定事項が目的設計である。

      どのような目的でホームページを作成することにしたのか
      どのような効果や結果をホームページに期待するのか
      上記から自然と導かれるサイトに来て欲しい訪問ユーザの姿

ここまで明確になれば、ホームページに記載するべきコンテンツや網羅すべき要素も見えてくる。このスタート地点となる重要な目的設計をおこなうためには、そもそもホームページを保有することにより、どのような力が獲得でき、どのような効果が得られるのかを知る必要がある。ホームページを育てることによりあなたの会社が強化できる力は、大きく分けて次の3つだ。

  • 認知力
  • 販売力
  • 採用力

ホームページを通して獲得できる力は『認知力』『販売力』『採用力』の3つの力であり、この3つの力のうち、どの力を獲得することを主な目的とするのか事前に決めよう。ここを事前に明確化しておけば、何のために、誰に向けて中身を作るのかがしっかりと定まり、読者に伝わる効果的なホームページになるであろう。これら3つの力の中なら、どの力を獲得・強化し、選んだ力を使ってどのような効果を得たいのかを明確にして(できればKPIにまで落とし込み)関係者全員で共有することからはじめよう。*KPIとはkey performance indicatorの頭文字をとったもので、目標の達成度を評価するための評価指標

関係者全員と意思を共有するにあたり、ウェブ担当者以外とも話す機会が出てくると思う。その際には、それぞれの獲得できる力を会社の機能で表現し、『広報担当』『営業担当』『人事担当』を採用して育てていくと考えれば、分かりやすい。

機能 効果(結果)
認知力 広報担当 ブランディング
販売力 営業担当 売上高アップ
採用力 人事担当 良い人材の獲得

 

『ホームページで情報を公開してブランディングし、取引先や従業員の安心感や満足度を高めたい』『売上高アップのためホームページを使って、新規顧客開拓をしていきたい』『求人を出しても効果が少ないからしっかりとしたホームページを作成し、採用力を高めたい』 成果を獲得するホームページに育てるためには、こういった明確な目的意識が重要だ。

3つの力の関係図

これら3つの力はそれぞれが単独で成立するのではなく、相互に力を及ぼしあっている。結果としてブランディング向上のために、認知力を高めるためのホームページを作成すると、ブランディング効果だけではなく売上高がアップしたり、採用がやり易くなったりもするのだ。同様に、販売力や採用力を高めたホームページを作ると、業界内での認知度向上や従業員家族の安心感の醸成と言った具合に、ブランディングにもつながる事になる。

目的意識を持って1つの力を高めると相乗効果が得られるのだ。そして、これらの3つの力のうち、まずは最初にどの力を獲得するのか決めることにより(目的設計)、ホームページのデザインテイストであり中身(コンテンツ)の構成要素、文章の書き方などを変えていく。

ブログを更新することで考えてみよう。ホームページ保有の目的が認知度向上のためだと仮定する。あなたの会社が地方の中小企業であれば、ブログ記事の対象読者は地域住民や従業員になるであろうし、上場企業であれば株主や社会になるかと思う。記事の内容やメッセージは、前者であれば地域清掃や社長の社員に対する想いを書けば良いし、後者であれば、企業として目指すべき方向を株主に向けて書けば良いだろう。

採用力強化のためのホームページであれば、ブログの記事内容は入社を検討している学生に向けてのメッセージ、入社後のキャリアパス、新人に任せたい仕事内容が主なテーマになりうる。先輩社員の働きぶりを書くのもアリだ。そして販売力強化のためであれば、対象は商品を使うエンドユーザであり、その方たちに向けたメッセージとして、自社製品に対する想い、開発秘話、お客様事例などを書きたくなるだろう。

このように、サイト保有の目的によってメッセージを伝えたい読者像が決まり、ブログ記事ひとつとっても書く内容は変わってくる。だからこそ目的をはっきりさせずにスタートしてしまうと、全てがボヤけたホームページとなり、対象とするユーザー像にメッセージが伝わずに結果が出ないのだ。ここで少し深呼吸して、あなたがホームページを保有する意味をもう一度、考えていただければ幸いである。

なお、これらの目的を達成するにあたり、ここには明確な順序があるので記述していく。

3つの力の順列を説明した図

『ブランディング』『売上高アップ』『良い人材の確保』3つの目的のうち、どの目的を踏まえて作成に着手するにしても、まずは会社として認知度を高める、すなわちブランディングを得ることからはじめよう。ホームページが認知力を内包した状態でなければ、その認知力の上に積み上げていく販売力も採用力も弱いものとなる。会社としてのブランディングが出来れば、採用も拡販もやり易くなる事を考えると分かりやすい。そこで最初の一歩目として、まずは認知力を高めブランディングを獲得していくことになる。ブランディング獲得のために必要な要素(すなわち、採用力強化、販売力強化のためのホームページにも必須の項目)を示す。

【認知力アップのための要素】

  • 自社サービスを一言で表現するキャッチコピー
  • 自社サービスにかける熱い想い
  • 自社サービスを表現する写真とデザイン
  • 会社の経営理念
  • 電話番号などの主な連絡手段
  • 社長を含む社員の紹介ページ
  • 会社のイベントなどのニュース
  • 地域メディアなどへの掲載履歴

ホームページを広報担当と捉え、認知力を高めて積極的にブランディングを獲得する場合、これらの要素を入れることを提案する。そしてこれらの中身を作り込む時に、明確に『誰に』向けて『どんな』ブランディングをしたいのかと、対象像を意識しながら要素を埋めていくことが重要だ。ブランディングを意識して作成したサイトの一例を紹介する。

株式会社白鳩さま
春日井燃料株式会社さま

これらのホームページは、企業価値向上のためのブランディングを目的として作ったものだ。当初の目的である認知度が向上したのはもちろん、採用や営業活動においても多大なる効果があったとの声をいただいている。しかし、一番の目的はあくまでも広報機能強化によるブランディングであり、掲載するコンテンツにおいてもブランディング意図と、それに付随する対象の読者像はブレずに一貫している。別の言い方をすると、意識的にブランディングまででとどめているのであり、採用力アップ、自社製品の拡販効果はあくまで副次的なものとして捉えているのだ。

そして、認知力を高めることを最終目的とするのではなく、あくまでも通過点とするタイプのホームページも存在する。それが販売力や採用力の強化を狙ったものだ。

【採用力アップのための要素】

では採用力アップのためのホームページの特徴を見ていこう。採用力強化が目的の場合、ブランディング獲得のためのコンテンツの他に、さらに以下の要素を追加する。

  • 従業員募集要項
  • 先輩社員からのメッセージ
  • ユニークな福利厚生
  • 会社のイベント風景
  • 社員の働いている姿
  • 採用検討者に期待すること

これら項目を、新卒・中途それぞれの応募見込み者の顔をイメージしながら作りこんでいくことになる。ここでも採用力を意識したホームページを参考として載せておく。

株式会社ユタカさま
三和興産株式会社さま

【販売力アップのための要素】

最後に、販売力アップのためのホームぺージに必要な要素を記す。以下の要素をブランディングを達成した上で上乗せすることになる。

  • カートなどの機能
  • 返品や発送などの項目
  • 自社の商品と他社の商品との違い
  • 商品の選び方ページ
  • 購入者の声やレビュー
  • 受注体制に関する説明

ここでは、購入に至る確度の高いユーザを意識しながら作成することが重要だ。販売力を高めたサイト事例も紹介したいところであるが、リマーケティングと呼ばれる一度サイトに訪問したユーザを追跡する広告を行っており、クライアント様に迷惑がかかる恐れがあるので控えておく。(弊社に制作を依頼したい方で事前に必要であれば、こちらより個別にお問い合わせいただければお伝えさせていただくので、どうぞ。

ここまでホームページ作成にあたりもっとも重要なポイントである立ち上げ時の目的設計についてお話ししてきた。いままでホームページを保有する目的について深く考える機会がなかったのであれば、まずはじっくりと、どのような効果をホームページに期待しているのかを考えてみてはいかがだろうか。

目的が決まれば、誰に向けて情報発信していくべきかが明確になる。ホームページ保有の目的とそれに付随する訪問対象となるユーザ像が定まれば、自社を説明するキャッチコピーひとつとっても、

●地域密着で地元を大切にしているスタイルをうたう(認知力)
●業界No.1の商品性や商品の開発力や企画力をうたう(販売力)
●全ての従業員がワクワクと働いていることをうたう(採用力)

これらが自然と最適化されるだろう。トップページの一番目立つ箇所に設置する写真も、どれを掲載すべきかは自然と答えが見えてくると言える。ホームページは作って終わりではなく、作ってからがスタートである。まさしく従業員の一人のように考え、しっかりとホームページに期待する役割を明確化し、腰を据えて育てていけば、非常に有能なスタッフに昇華するであろう。

この記事のまとめ

  • ホームページ作成において、最初の目的設計は非常に重要である。
  • ホームページで獲得できる力は『認知力』『販売力』『採用力』である。

 


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *