ホームページ運用に関するよくある誤解

私がウェブサイトの制作、コンテンツマーケティングや広告運用代行をはじめとしたSEMサポート事業をはじめてもう10年になります。この10年でお客様やセミナー参加者さまからいただく質問の中で、よくある誤解について解説していきます。

誤解①自分の商売にホームページは必要ない

セミナーなどでホームページの効果をお伝えしても『自分の商売とホームページは相性が悪いため不要。』こんな意見を戴くことがあります。これだけインターネットで情報収集することが浸透し当たり前になってきた中、ホームページが事業の役に立たないといった商売は、ほぼ無いと言えます。既存のお客さまだけで充分に商売が成り立っている事業者さんであっても、ホームページを通した情報発信により既存顧客との関係性を強固なものにすることができます。

また、ホームページ経由での採用活動にも活かすことができます。『自分の商売にホームページは不要だ』と考えている事業者さんのホームページは、ほとんど更新もせずに、ただの会社概要になっているものが散見されます。決して自社事業と相性が悪いのではなく、効果的に活用できていないだけだと考えられます。つまり、ホームページが不要な商売はないということです。正しく運用すれば必ずホームページは事業成果に貢献します。

誤解②専門の業者に丸投げで任せれば良い

では専門の業者に全て任せてホームページを作り直せば良いのか、と言うとそうではありません。ホームページ制作業者さんは、作ることには詳しくても、皆さまの事業そのものには決して詳しくないのですから。専門業者に丸投げすれば、デザインの優れた最新技術も取り入れたホームページを作ることはできます。しかし、それが事業に貢献するかというと疑問が残ります。

効果が出るホームページと育てていくためには、皆さまのお客さまがホームページに訪れた際、何らかの課題が解決されることが重要です。お客さまのことを誰よりも分かっている事業者である皆さまが、事業のプロフェッショナルとして、デザインやマーケティングのプロであるホームページ制作業者さんと一緒になって作り込む必要があります。

「お客さまが必要とする情報が掲載されているか?」「お客さまの課題解決に寄与しているか?」このような視点を持って、お客さまが求めている情報を推測し、ホームページに掲載する中身を生み出すのは皆さまの役割です。そしてこれら情報をお客さまにわかりやすく伝えるためにデザインするのが制作業者さんなのです。決して丸投げせずにそれぞれがプロとして役割分担を意識し一緒に作っていくという姿勢が成功の秘訣です。

誤解③作ったら終了、あとは放置でOK

専門業者さんと膝を突き合わせて、必要な情報を網羅したデザインにも優れたホームページが完成したとしましょう。ここからは待っているだけで継続的に反響があるのかというと、そこまで現実は甘くありません。出来たばかりのホームページは、新人研修が終わった直後の営業マンと同じです。時代の流れやお客さまのニーズ変化に合わせて、新しい情報を追加するなど継続的に改善していく必要があります。そうすればホームページはどんどん影響力を増し、投資した費用は何倍にもなって返ってくることでしょう。

ホームページを公開したら終わり。ではなくホームページは公開してからが本当のスタートだと認識しましょう。そこからサイトのアクセス状況を把握し、仮説を立てて施策を実行していきます。いわゆるPDCAサイクルをぐるぐる回し、どんどん成長させていくということになります。


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *